ガッパオ君の独学英語

話題の『スピードラーニング』の"最大級の特徴はただ聞き捨てているだけで、英語の力が、我が物となるポイントにあり、英語が使えるようになるには「特徴的な英語の音」を聞き取り可能なようになることが大切なものです。ポイントなのです。学習を楽しくを信条として、英会話 続きを読む

どういうわけで日本の学校では、英語で使われる事の多い「Get up」や「Sit down」と言う時に、発音を区切って「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」と明瞭に発音するものなのか?このようなときは「ゲラッ(プ)」「セダン」と発するべきだろう。ある語学学校では特徴とし 続きを読む

最近人気のニコニコ動画では、修得するための英会話用の動画のみならず、日本語の言いまわし、ひんぱんに使用する言い回しなどを、英語にするとどうなるのかを総合的にまとめた映像が掲載されている。多聴と精聴を目的とした英語学習方式は、英語スクールでも人気ある講座で 続きを読む

ある語学スクールでは、日々能力別に行われる集団単位のレッスンで英会話の稽古をして、その後に英会話カフェに行って、ふつうに会話をすることをしています。学習し、かつ使いこなす事の両方が肝心なのです。ビジネスにおける初めての挨拶は、第一印象と結びつく重要となる 続きを読む

ロゼッタストーンというソフトでは、文法的に変換してから考えたり、単語あるいは文法等をそのまま単に丸暗記することはなく、外国の地で生活していくように、ごく自然に外国語そのものを習得します。VOAという英語放送の英会話ニュースは、TOEICに度々出る政治や経済の問題 続きを読む

噂のジョーンズ英会話という呼称の英語スクールがありますが、国内に拡大している英語教室で、相当評価が高い英会話クラスです。他のことをしながら並行して英語に耳を傾けることも大切ですが、1日20分程でも本格的に聞くようにし、発音の訓練やグラマーの勉強は、とこと 続きを読む

英単語の知識などの知能指数を高めるだけでは、自然な英会話はできない。その他に、英語のEQ(感情知能指数)を高める方が、英語を使うために、一番欠かすことができないものだということが根本になっている英会話訓練法があります。私の経験からいうと、英語を読みこなすト 続きを読む

普通は英和・和英辞典を利用することは、当然重要なものですが、英語を勉強する初級者の段階では、辞書だけにしがみつかないようにした方が良いと言われます。ロープレをしたり会話をしたりなど、少人数グループだからこその英会話クラスの良い点を活用して、様々な講師との 続きを読む

一定レベルまでの英会話のベースができていて、そのうえである程度話せるレベルにあっという間にランクアップできる人の性質は、恥ずかしいということを恐れないことだと断定できます。評判になっているヒアリングマラソンとは、ある英会話学校で盛んに行われている講座で、 続きを読む

英語学習というものには、「反復」のリピーティング、相手の読んだ内容を終わる前に話す、シャドウイング、聞き取れない部分が鮮明に分かるディクテーションなどの種々の効果的ラーニング法があるわけですが、初級レベルに有効なのは、重点的に継続して聞くという方法です。 続きを読む

最近多い、英会話カフェには、なるべく多数行きましょう。利用には、1時間につき3000円程度が相応であり、別途定期的な会費や登録料が不可欠な場合もある。動画サイトのニコニコ動画では、学ぶための英語会話の動画のほか、日本の言葉やよく用いられる慣用句などを、英 続きを読む

英語でそれっぽく発音するための勘所としては、英語には「万」という単位がないので、1000単位で見なして、「000」の前にきた数字を確実に言えるようにするのがポイントです。単に聞き流すだけのただ英語シャワーをかけられるだけでは、リスニング能力は前進しない。リスニン 続きを読む

音楽のようにただ聞くだけの単に英語シャワーに入るのみでは、リスニングの力はアップしない。リスニングの技量を伸ばすためには、結局のところとことん音にして読むことと、発音の練習なのだといえるでしょう。英語の発音には、ユニークな音の連鎖があることをご存じですか 続きを読む

通常英語には、特色ある音どうしの相関性があるということを意識していますか。この事実を念頭に置いておかないと、たとえ英語を耳にしても、全て聞き分けることができないのです。『英語が自由闊達に話せる』とは、何か話そうとしたことをスピーディに英単語に変換出来る事 続きを読む

ある語学学校では特徴として、「素朴な会話ならさほど困らないけれど、本来言い伝えたいことが思うように言えない事が多い」といった、経験をある程度積んだ方の英会話の課題を突破する英会話講座だと言えます。英語を体得する際の心の持ち方というよりも、会話を実際に行う 続きを読む

このページのトップヘ